はり師を養成する学校に社会人が通うには

はり師を養成する学校に社会人が通うには

はり師の仕事をするには試験に合格し、資格を取得しなければなりません。
ただ、そのためには学校に入学して知識や技術を身に付ける必要があります。
座学のみ勉強すれば良かったり、誰でも受験できるわけではなかったりなどはり師として活躍するにはクリアしなければならない条件がいくつもあることを理解しておくべきです。
高校や専門学校、大学からの進学先としてなら仕事面ではスムーズに入学できるでしょうが、社会人で働いている場合は仕事を疎かにできない部分で不安に感じたり、躊躇ったりする可能性があります。
しかし、社会人向けのコースを用意しているはり師の学校があるので、入学することで夢の実現に近づくことは可能です。
朝からだけではなく、昼からや夜からなど複数の時間帯に授業を行っているため、仕事で忙しくても通えるチャンスはあります。
もちろん、仕事をしながら学ぶことになるのでハードな日々を過ごすことになるので、やり抜く覚悟が求められます。

昼間だけではなくて夜間授業を実施しているはり師の専門学校

はり師の専門学校を利用している人の中には、昼間社会人として仕事をしており、夜間だけ授業を受けているケースもあります。
はり師の専門学校全てがこのような対応をしている訳ではありませんが夜の時間帯、質の高い授業を実施しているところも存在しています。
昼間忙しくて通学することができない人は、夜の時間帯に受講できるところを選ぶのも一つのポイントです。
まず確認しないといけないのは、昼間以外も授業を実施しているのかという部分です。
また質の高い講義を行っていないと短期間で成長するのが難しいので、その点も見極めなくてはいけません。
資格取得率や就職率などが高い水準に達していれば、質の高い指導を実施している可能性が高いです。
そのようなはり師の専門学校に通学することで、少しずつ成長できるチャンスが発生します。
安易に選択してしまうと納得できるはり師の専門学校を選択するのが難しくなってしまうので、気を付けないといけないです。

著者:立石健次郎

筆者プロフィール

東京都千代田区生まれ。
はり師の学校を経て、はり師として働いています。
この経験をもとにはり師の記事を書いています。